チャレンジ100とは | 経営特くんゲーム チャレンジ100の会

トップページ チャレンジ100とは 経営特くんゲーム 一般公開コース 実戦財務分析コース 過去実績 団体紹介 お問合せ

チャレンジ100の目的

経営特訓士協会にて開発された「経営特くんゲーム」(詳しいゲームの内容は“経営特くんゲームの紹介ページ”にて)は、企業経営の基本的な仕事の流れを把握するのに優れ、また経営三表と言われる「資金繰り表」「貸借対照表」「損益計算書」を読み解く力をつけるにも、有用なツールではあります。
何度も触れますが、いままで経営三表を学ぶためには、専門学校等に通う、独学で勉強する、仕事を通じて学ぶという方法がとられておりました。

特に専門学校や独学で学ぶ人が多いかと思いますが、直接的に会計経理系に従事していないかぎり、なかなか勉強のみで、これらの経営数字を読み解く力をつけるのは難しいものです。

この経営特くんゲームはそんな机の上での勉強だけで、はなかな身に付かない経営数字を読み解く力をゲームを通じて身につけようとするものですが、たったの1回や2回程度のゲームに参加しただけでは、身につきません。
このゲームの特徴は、企業経営を実際に疑似体験し、様々な場面にて意思決定をした結果の数字を自分で作成し、会計資料として纏めあげていくゲーム、すなわち「自分の体で覚えていく」ゲームになっております。

スポーツは1回や2回やってみたところで、決して出来るようになるものではありません。何回も何回も繰り返し練習する事で、体に動作を覚えさせ上達させていきますが、経営特くんゲームもまさに同じことです。
もちろん、スポーツのように体に覚えさせるわけではありません。頭に覚えさせるのですが、知識として暗記のように覚えていくのではなく、何回も何回も意思決定し会計資料を纏めていくことで、自然に知識の一部とさせていきます。

したがって、何回もゲームをする場が必要になってきます。もちろん、最近はやりのスマホゲームとはわけが違い、複数の人達とゲームを囲んで進んでいきますので、一人ではゲームはできません。

チャレンジ100は何回も何回もゲームをこなして、企業経営を体で覚えさせたい人達が誰でも気軽に経営特くんゲームをすることができる場を提供する目的で立ち上がった団体です。

ゲームを開発し提供している「社団法人経営特訓士協会」では、経営特くんゲームを「100回やりなさい」と提唱しております。是非、皆様もチャレンジ100に参加して企業経営のスペシャリストを目指して下さい。

100回までの目安(目標)

上述した「100回やりなさい」とは簡単に言えますが、これは非常に大変な時間と労力がかかります。
現在、毎月1回の定期開催していますが、1日で何とかゲーム3回分ができる程度です。単純に計算しますと、1カ月3回ですので、1年で36回、100回やるには3年という月日が必要になってきます。

これでは、さすがにモチベーション高くもって参加しても、途中で気持ちが萎えてしまう可能性も大きいかと思います。
そこで、チャレンジ100では参加回数と回数に合った目標となる到達点を参考までに提案させて頂きます。
なお、この参考となる到達点はあくまでも、企業経営の事が全くわからず、経営三表が読めない人向けに考えております。※来年(2015年からは月2回開催を予定しております。)

ステージ 回数 到達目標
stage1  6期(回) 2日参加  ●経営特くんゲームのルールを把握する。
 ●会社の仕組みを理解する。
stage2  9期(回) 3日参加  ●資金繰り表、貸借対照表、損益計算書を作成できる。
stage3  9期(回) 3日参加  ●損益計算書の5つの利益を理解できる。
stage4  18期(回) 6日参加  ●経営三表の各科目を理解できる。
 ●損益分岐点を理解する。
stage5  18期(回) 6.日参加  ●財務諸表分析を理解する。
stage6  18期(回) 6日参加  ●財務諸表分析に基づいた戦略の立案および
  実行、評価のプロセスを理解する。
stage7  22期(回) 8日参加  ・・・その先にあるのは?

※1期とは企業の会計期間を指し、チャレンジ100では1期を1回と呼んでおります。
 したがって、「100回やる」と言うことは「100期分」に相当します。
※チャレンジ100のゲーム会は1日3期分のゲームを行います。

上記はあくまでも目安です、習熟スピードには個人差もありますし、最初のスタート地点時の知識の差もありますので、全ての人達が上記のように勧められる事はありません。

今度のチャレンジ100の展開

上記の各ステージにおける到達目標ですが、経営特くんゲームを通じて身につけて頂く事が大原則ではありますが、全てがゲームだけで身につけるものでもありません。
各ステージにおいて、どうしても専門書などのテキストで学ばないと身につけない知識もあります。
チャレンジ100では、これらステージ毎に必要な知識を身につけるために、専門講師によるセミナーを企画しております。毎月開催のゲーム会と併用して頂き、より深く実戦的な知識を身につける場として、活用してください。

また、年に数回程度ですがステージ3をクリアした人達に向けの2日連続して、経営猛特訓会の開催を企画しております。こちらも、活用して頂ければと思います。

■バナーリンク掲載をご希望の方へ

当サイトへバナーリンクを希望される方はご連絡ください。運営チームにて協議のうえ検討させて頂きます。

なお、チャレンジ100の会と無関係な業者様やマネジメント関連では無い業種もご遠慮願います。